SDG’sで注目、リバースロジスティクスのJ1ビザインターンシップ

本日のブログでは、以下のことが、わかります!
現在、オハイオ州の大手家電メーカーでは、SGDsでも注目されるリバースロジスティックス(静脈物流)分野での、J1ビザインターン生を募集中! アメリカでも大変、需要が高まっている急成長市場です。

・リバースロジスティックスのインターンシップ概要
・インターン募集ポジション(5部署)
・インターン先オハイオ州の魅力・メリット
・ リバースロジスティック市場でインターンするメリット

現在、オハイオ州にある大手家電メーカーで、リバースロジスティックス分野のJ1ビザインターン生を募集しています。
“リバースロジスティックスとは?・•・”
生産者から消費者へ商品が流れていく「ロジスティックス」に対し、消費者や利用者から生産者へと向かう
反対の物流の流れのことを「リバースロジスティックス」といいます。
リバースロジスティックスは、SDGsの達成に向けても資源の有効利用、無駄な廃棄物の減少など、環境に対する関心が高まる中で、
注目を集めている注目されている分野でもあります。

 

アメリカでは、リバースロジスティックスが急成長しており、日本よりも優れたシステム構築やビジネスチャンスが高まっています。

このインターン先の大手家電メーカーでは、ここ数年、リバースロジスティックスのサービス強化を目指していますが、現在、J1ビザでのインターン生を5部署で募集しています。

 

オハイオ州でインターンするメリット

オハイオ州というと、あまり日本人には馴染みがない都市なので、オハイオ州ってどんなところ?、どこにあるの?、とイメージが湧かない方もいらっしゃると思いますが、アメリカで7番目に大きな経済圏なのです!

このインターン先企業は、オハイオ州の州都でもあるコロンバス市の隣の市に位置していますが、コロンバスは工業都市として
発展している大きな都市でもあるのです。

 

【オハイオ州でインターンするメリット】

①家賃が安い

コロンバス市は大きな都市でもありながら、物価はロサンゼルスやニューヨークのように高くなっていないため、比較的、低コストで生活ができます。

インターン企業があるエリアには、あまりシェアハウス物件がないので、インターン生は近隣の賃貸物件を
契約して生活することになりますが、一人暮らし向けの1ベッドルームの家賃相場は、月$600〜$800
ロサンゼルスの半額の家賃で!借りることができます。

しかも、お部屋は日本のワンルームの2倍(2倍以上あるかも!)ぐらいの広さはありますので、アメリカでの
快適な一人暮らし生活がおくれます。

②資金的に余裕のある生活ができる

ロサンゼルスやニューヨーク地区と同等の給与を支給していただけますが、物価や生活コストが非常に安いので、
いただだけお給料で、かなり金銭的に余裕のある生活をすることができますし、過去のインターン生では、
毎月貯金をすることもできる!言われていた方もいらっしゃいます。
現地の生活コストが心配な方は、オハイオに行かれることも検討してみるとよいかもしれません。

③英語力が上達!英語環境

場所柄、日本人がロサンゼルスや主要都市と比較すると圧倒的に少ないエリアになります。
日系企業であっても、アメリカ人従業員の方が多い環境になりますので、英語使用頻度も高くなり、オフィスでも
ほぼ英語環境になってきます。
また、会社やプライベートでもアメリカ人と知り合う機会や交流することも多くなりますので、アメリカ人の友人も作りやすく、英語力を向上させるにはとてもよい環境です。

 

リバースロジスティック分野でインターンするメリット・魅力

コロナ禍により、ECビジネスの普及が加速化されたことにより、世界市場で急成長しているリバースロジスティックス市場。

今後、日本でもECビジネスをする上で、リバースロジスティックスは急務であり、需要が急速に高まっていく市場であることは
間違えないでしょう。

 

【リバースロジスティックス分野でインターンするメリット、魅力】

①アメリカの先端技術や市場の知識、動向を学べる

アメリカでは、EC(オンライン販売)の普及により、返品問題や返品対策の需要が高まってきているため、
リバースロジスティックスは、特に注目をされている急成長中の市場です。
日本とは比較にならないほどアメリカは巨大市場ですので、より進んだ技術や効率化、低コストなシステムなど
リバースロジスティックスに対する取り組みや対策を導入してきています。

リバースロジスティックス市場の最先端でもあるアメリカで、リバースロジスティックス市場の動向、先端技術や
システム、取り組みについて実際の業務を通して学ぶことができますので、日本では学ぶことができないこと
ばかりです。

②日本よりも進んでいる急成長中の市場での実務経験が積める

上記で述べたように、アメリカは、日本よりもECビジネスが進んでおり、市場規模も比較にならないほど大きいです。

そんな巨大市場のリバースロジスティックス分野で実務経験が積めることは、今後のキャリアにも大きく役立ちますし、
確実にキャリアアップにつながっていきます。

日本では、リバースロジスティックス分野の知識やアメリカでの経験を持っている方は、ほとんどいませんが、
日本もコロナ禍により、ECビジネスがかなり普及してきています。
オンラインストアを持っている企業や業界であればどこでも、リバースロジスティックスは急務になっていきますので、
その需要も急速に高まっていきます。

これからの日本の需要を先取りして、アメリカで実務経験を積むことは、今後のキャリアアップにプラスのことばかりです。

 

まとめ

本日は、最近、募集を開始したオハイオ州にある大手家電メーカーでのインターンシップにクローズアップして、お伝えしました。

オハイオ州という場所やリバースロジスティックス分野というのは、日本人には馴染みのない土地や分野だと思いますが、
どちらもポテンシャルが高い、メリットたくさんのインターンだと思っています。

英語力を上げたい方、インターンでも資金面で安心して生活したいという方は、このインターンシップは、特におすすめです。


 

 

J-1ビザに関するお問い合わせ・ご相談、無料査定のご依頼は、お気軽にInfinity WIZまでご連絡ください。