アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

2020年3月から発生したコロナパンデミックも早いもので2年が経過しようとしています。
 現在は、オミクロン株の感染拡大で、コロナ禍の完全終息の見通しがいまだ見えない中で、J1ビザの状況はどうなっているのか?、気になる方もいらっしゃると思います。

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

アメリカJ1ビザの残高証明はいくら必要か?、いくら貯金を準備したら良いか? このご質問は、お問い合わせをいただくお客様の9割から聞かれるご質問ですが、どのぐらい貯金が必要か?、当然、気になりますよね。

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

アメリカの多くの州では、アメリカ健康保険加入の有無や滞在ステータスに関係なく、外国人でも無料でPCR検査を受けることができます。 こちらのページでは、ニューヨーク、ロサンゼルス地区で、無料のPCR検査の受け方についてご案内いたします。

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

アメリカでJ1ビザを利用して、インターンシップで働く場合、各州の最低賃金以上の給料が支給されますので、 J1ビザの方もアメリカの税金も支払う必要があります。 アメリカは州によって、州の税率が異なりますので、働く州によって、支払う税金額は変わることになります。

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

昨年は、コロナ禍で渡航者数がとても少ない状況ではありますが、今年の4月に外国人への大統領令が解除されてからは、アメリカへのJ1ビザ渡航者数も徐々に回復しているJ1ビザ事情です。 ということで、今日は、過去のJ1ビザ渡航者数や国籍の比率に関するデータを見ながら、各国の事情も織り混ぜつつ、データ結果について、お話ししていきます。

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

先日のブログでは、”日本人向けのJ1ビザインターンシップ求人案件の傾向”について、解説させていただきました。 その続編ということで、本日は、アメリカJ1ビザ求人案件を検討する際に、ちょっと意識してみるとよいこと、考えてみるとよいことなどの、Tip(ポイント)について、お話ししたいと思います。

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

今週、20日月曜日にアメリカのホワイトハウスが、外国人に対するアメリカ入国の緩和とワクチン接種の義務化に関する発表がありましたので、今日は、そのニュースについてお伝えしたいと思います。

アメリカインターンシップ, アメリカ J1ビザ,

アメリカでJ1ビザを利用して働く経験、インターンシップをしたいと思った時に、どのような求人案件があるのか、求人情報を確認されると思います。 日本人の方の場合、日系企業での求人案件が多くなりますが、お問い合わせいただいたお客様にもよくお話しさせていただくのですが、今日は、日本人向けのJ1ビザインターンシップ求人案件の傾向について解説していきます。

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

アメリカ生活の必需品で、一番、必要で、一番最初に思いつくものといったら、米系スーパーマーケットのRewards Card と呼ばれるディスカウントカードです。 アメリカに主要スーパーマーケットでは、このRewards Cardのアカウントを作ると、すぐにディスカウント価格で お買い物ができるようになります。

アメリカインターンシップ、アメリカJ1ビザ、アメリカで働く

さて、今日のブログでは、アメリカでJ1ビザのインターンシップしたいけど、日系企業でインターンするのはどうなのか?、というトピックについて、お話ししてみたいと思います。 このトピックについて、アメリカへ行くのに、それってどうなの?と、どちらかというとマイナスなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

今週、20日月曜日にアメリカのホワイトハウスが、外国人に対するアメリカ入国の緩和とワクチン接種の義務化に関する発表がありましたので、今日は、そのニュースについてお伝えしたいと思います。

アメリカインターンシップ、アメリカJ1ビザ、アメリカで働く

今後、アメリカでのJ1ビザインターンシップに参加するために、今からやっておいた方がよいことはありますか?と、たびたび聞かれることがあります。 本日は、今後、J1ビザを利用してアメリカでインターンシップ、働く経験をしたいと思っている方のために、今から準備しておいた方がよいこと3選について、お話ししていきたいと思います。