アメリカでJ-1ビザを取得して、働く経験、インターンシップをしたい場合には、必ずJ1ビザ申請前にインターン先企業を決定しておく必要があります。 企業が決定していなければ、J1ビザを申請することができませんので、インターン先企業を決定することはとても重要です。
6月22日に発令されたJ1ビザを含む就労ビザの新規保持者の米国入国を12月31日まで禁止する大統領令に対して、北カリフォルニアの商工会議所、製造業協会や複数の企業がその取り下げを訴えていた訴訟で、フェデラルコートが制限付きで無効化する判決が下されました。
アメリカでトレーニング、インターンシップのカテゴリーのJ1ビザを利用して、アメリカに渡航している方は、年間でどのぐらいいると思いますか? また、そのうち、日本人の方は何人ぐらいいるでしょうか?
アメリカで働くためには、就労ビザが必要になることは知っている方も多いと思いますが、アメリカで働く方法の一つとしてJ1ビザを活用することができることは、以前のブログでもメリット、デメリットも含めて掲載しています。
アメリカJ1ビザ終了後に就労ビザを申請する方の割合について、音声コンテンツでお話しをしています。
先日のブログでは、アメリカで働く方法としてJ1ビザが良い理由について書きましたが、良い面ばかりではなく、デメリットを知ることも検討する上でとても重要だと思います。 当然、アメリカJ1ビザにもデメリットはありますので、今日はそのJ1ビザのデメリットについて書きたいと思います。
【アメリカJ1ビザで働こう!】音声チャンネルはじめました
ネット検索しているとJ1ビザに対するマイナスな記事や意見、体験談を目にすることがあるのですが、それだけを鵜呑みにして欲しくはないので、今日はJ1ビザの専門家の観点として、アメリカで働く方法としてJ1ビザが良い理由をお話しいたします。
アメリカにワーホリはあるの?と疑問に思ったことありませんか? アメリカ行ってみたい、住んでみたいけど、アメリカには他国のように住みながら働けて、簡単に取れるワーホリビザがあるのかな?と調べている方もいらっしゃると思います。
アメリカで働く経験、インターンシップのJ1ビザを検討される際に、気になる点は費用ではないでしょうか。 ・J1ビザインターンシップにはどのぐらい費用がかかるのか、 ・費用を出来るだけ安く抑えたい 本日のブログを読んでいただいたら、J1ビザインターンシップにどのぐらい費用がかかるのか、そして費用を安く抑える方法がクリアにわかります。
アメリカにJ-1ビザの申請条件として、職歴と関連性がある研修分野であることが、もっとも重要な条件ですが、今までの職歴業界とは異なる業界で、J-1ビザインターンシップしたい、職歴業界以外の業界、分野でJ-1ビザ申請ができるのか? と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
J-1ビザ申請手続きってエージェントに依頼せずに個人でできるのかな、個人で申請した方が費用が安く抑えられるかな? そんなことを考えてネットで検索しても情報が出てこないから、実際に個人で申請手続きできるのか?、わからない方もいらっしゃると思います。