さて、今日のブログでは、アメリカでJ1ビザのインターンしたいけど、日系企業でインターンするのはどうなのか?、というトピックについて、お話ししてみたいと思います。 このトピックについて、アメリカへ行くのに、それってどうなの?と、どちらかというとマイナスなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

今週、20日月曜日にアメリカのホワイトハウスが、外国人に対するアメリカ入国の緩和とワクチン接種の義務化に関する発表がありましたので、今日は、そのニュースについてお伝えしたいと思います。

今後、アメリカでのJ1ビザインターンシップに参加するために、今からやっておいた方がよいことはありますか?と、たびたび聞かれることがあります。 本日は、今後、J1ビザを利用してアメリカでインターンシップ、働く経験をしたいと思っている方のために、今から準備しておいた方がよいこと3選について、お話ししていきたいと思います。

アメリカに到着したお客様や無料コンサルテーションで、たびたび聞かれることがあります。 それは、 ”J1ビザで滞在中、みなさん週末やお休みの日は何をしているのですか?” ということです。

アメリカのロサンゼルスやシリコンバレー、サンディエゴなど、カリフォルニア地区は車が必要に なってくるエリアになります。 J1ビザでカリフォルニア州に渡航される方も、基本的に車の手配が必要になります。 弊社では、カリフォルニア地区にJ1ビザで滞在される方には、中古車購入以外の車の手配オプションとして、中古車リース、または長期中古車レンタカーの2つのオプションをおすすめしています。

アメリカで1年から1年半の滞在をする上で、渡航する前に日本でやっておきたいことや手続きってなにがあると思いますか? このブログでは、アメリカへの渡航前にやっておきたい日本のお役所系の手続きについて、そして、渡航前に日本で”ぜったいに”やっておいた方が良いことについて、ご案内していきたいと思います。

私の趣味の一つで、最近ハマっているワークアウトで、ピラティスがあります。 最近でこそ、日本でもヨガが当たり前になって、ヨガスタジオもたくさんあると思いますが、まだまだピラティスは、日本だとお高めで、気軽に通えるスタジオではないと思います。

アメリカでトレーニング、インターンシップのカテゴリーのJ1ビザを利用して、アメリカに渡航している方は、年間でどのぐらいいると思いますか? また、そのうち、日本人の方は何人ぐらいいるでしょうか?

アメリカでトレーニング、インターンシップのためのJ1ビザでは、配偶者やお子様などご家族を同伴して、アメリカに渡航することができます。

この週末もとても天気が良くて、空には青空が広がっていました。 私の自宅がある敷地内からでも、空を見上げると、こんなにきれいな青空が見えたので、 思わず写真を撮ってみました。

J1ビザを取得される方は、必ず国務省が規定する補償内容をカバーするアメリカでの健康保険に必ず加入しなければいけません。 そのため、J1ビザのスポンサー団体は、申請者に対して、アメリカの健康保険に加入させていますが、団体により加入させている保険会社や補償内容は異なります。

アメリカでは、どのように滞在すれば良いのか?、またその滞在先はどうやって探せばいいのか?、 特に初めてアメリカに来られる方、初めて長期滞在される方は、アメリカでの滞在方法、その情報や知識もなく、全くわからないと思います。