カリフォルニア州でのアメリカJ1ビザ期間中の車のリース、レンタカー比較

アメリカのロサンゼルスやシリコンバレー、サンディエゴなど、カリフォルニア地区は、車が必要になってくる
エリアになります。
そのため、J1ビザでカリフォルニア州に渡航される方も、現地での車の手配をおすすめしています。

弊社では、カリフォルニア地区にJ1ビザで滞在される方には、中古車購入以外の車の手配オプションとして、
中古車リース、または長期中古車レンタカーの2つのオプションをご案内しています。

では、このリースと長期レンタカーって、何か違いがあるのか?、どちらの方が良いのか?、と、
よくお客様からも聞かれるのですが、このブログでは、この2つのオプションを比較してみたいと思います!

 

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

 

アメリカインターンシップ中の中古車リース VS 長期レンタカー

アメリカは、いくつかの都市(ニューヨーク、ハワイ)以外は、車社会になりますが、特にカリフォルニア州は、
バスや電車などが発達しているごく一部の地域(例、ロサンゼルスダウンタウン市内、ウエストロサンゼルス市、
サンフランシスコダウンタウン市内など)を除いては、基本的に車の手配が必要になります。

毎日の通勤にも必要ですが、現地で生活をする上でもプライベートで車があると行動範囲が広がりますし、
車があることによって、J1ビザ滞在期間中に楽しめることが絶対的に増えます!

ですが、車を運転するとなると、、、

 

・日本ではほとんど運転していない

・ペーパードライバーだから怖い

・車を購入したことがないので心配

・車のことがよく知らないし、わからない

・車に乗ってて故障したら対応に困る

・車のメンテナンスできない

 

などなど、いろいろと心配があると思います。

特に、女性は運転が苦手だったり、車に疎い方も多いと思います、かくいう、私もその一人でした。
でも、いざ、車を運転し始めるとやっぱり慣れるものですね、今では、車の方が快適と思えるほどになっています。
しかも、車に興味も出てきましたし、どんな車種がいいかなとか、どんな色の車に乗りたいなとか、
理想がどんどん出てくるものなんですよね。

私、個人的には、J1ビザで渡航される方は、中古車購入するよりもリースやレンタカーをおすすめしています。
もちろんおすすめする理由がありますが、その理由についてはこの後のブログを読んでいただくと、わかると思います!

 

中古車リース VS 長期レンタカー比較表

 中古車リース長期レンタカー
リース、レンタル費用
月々$200〜とリーズナブル。
故障やメンテナンス費用込み。
自動車保険代金、税込で、リースよりも安く費用が抑えられる。
故障やメンテナンス費用込み。
デポジット、頭金初期費用なし
初期費用なし
自動車保険契約時にフルカバーの保険加入が必要(年間約$2000〜)レンタカー代金に自動車保険が含まれる
車種のバリエーションプリウスのみ年式が少し古めの日本車(カローラ、ヤリス、ザイオンなど)
メンテナンス費用に含まれる費用に含まれる
サービス対象エリアカリフォルニア州対象(サンフランシスコからサンディエゴまで対応可)ロサンゼルス、オレンジカウンティエリア対象
支払い方法月々払いで支払い可能一括前払い
契約時に必要なこと契約時に滞在先住所が決定している必要がある(保険加入のため)特になし。
仮住まいでも契約可能
リース、レンタカーの最短期間最短6ヶ月から最短1週間から
オフィスロケーション
(遠隔地以外は、オフィスに出向いて契約・納車)
カリフォルニア州Torrance市、Costa Mesa市の2拠点カリフォルニア州Brea市(ロサンゼルス空港から車で1時間ほど)
解約のルールいつでも解約可能いつでも解約可能
*ただし、レンタカー代金の返金はなし

 

比較表をご覧いただくとわかりやすいと思いますが、大きな違いというのは、主に以下の項目になってきます。
これらの項目を比較検討してみていただくと、どちらが自分には合っているか、判断しやすくなると思います。

(比較事項)
・総合的にかかる合計コスト(レンタカー・リース代金、自動車保険代金含む)
・自動車保険の補償内容
・車種のバリエーション
・支払い方法(一括前払い、または、月々払い)
・車のメンテナンス提携業者
(メンテナンスや修理の時に、自宅近隣で対応してもらえるところがあるのか?)

 

私は、今まで15年以上、J1ビザの方の現地生活セットアップサポートに携わっていますが、これまでの経験から、J1ビザ渡航者の方に中古車リースと長期レンタカーをおすすめする絶対的な理由があります!

 

現地J1ビザエージェントがおすすめする理由


それは、

費用に車のメンテナンスが含まれているため、業者が行ってくれること


これが、一番、重要で最大の理由です!

とにかく車のメンテナンスを業者がやってくれるというのが、アメリカ滞在中に車の余計な費用が
かかないですし、とても安心、とにかく楽です。

わざわざ車のメンテナンスしてくれる業者を探さなくても良いし、定期的なメンテナンスを
してくれることで、安心して運転ができます。

アメリカは車社会で広大な土地ですから、日本の中古車よりも圧倒的に走行マイル数が高く、
かなり走っている車が市場に出回っています。
かつ、アメリカは車検がないので、車の状態も結構、悪いものも多いです。

平均的にJ1ビザの方の予算で購入する中古車レベル($5000から$8000)は、年式も比較的古めで、
結構なマイル数を走っている車が多くなりますので、J1ビザ期間中の1218ヶ月の間に、高い確率で
一度は故障します。
過去に中古車を購入されている方々でも、購入後すぐに故障していた車がありました。

アメリカで車の修理に出す場合、その状態によりますが、修理代がバカにならないような金額で、
1000から$2000はすぐに飛んでしまいます。
安めの中古車を購入しても、結局、修理代で出費がかさんでしまったりして、リースやレンタカー費用の方が、
総合的に安いコストで済んだという場合も多かったりします。

そして何よりも、特に女性は車の調子が悪かったり故障してしまったら、どうすれば良いかわからないと
いう方がほとんどですから、連絡できる業者があれば、とても安心ですよね。

私、個人的に、中古車リースは月払いになるので、最初にまとまったお金がなくても、月々で支払いができるのは、
とても嬉しいですね。

中古車リースやレンタカーには、メンテナンスが含まれているという点で、車に対してこだわりがある方でない限り、
すべての面において安心ですので、J1ビザでの渡航される方には、中古車リースやレンタカーをおすすめしています。

・・・ちなみにアメリカで中古車購入の際に、目安となる走行マイル数は10万マイルで、それを超えるとかなり走り込んでいる車といえます・・・

 

アメリカインターンシップ・アメリカJ1ビザ専門サイト

 

アメリカJ1ビザ滞在期間中の中古車リースと長期レンタカーを比較してみましたが、カリフォルニア州に行きたいと
思っている方は、渡航前に日本で運転に慣れておいたり、
渡米後、すぐに国際免許でも運転ができるように、日本の運転免許を持っていない方は、渡航前まで運転免許証を
取得しておくことをおすすめします。

アメリカで免許を取ろうとすると、免許取得までに時間がかかってしまうので、それまで運転できませんし、
取得できるまで車通勤もできないので、渡航前に日本で運転免許を取得しておくようにしましょう!

 

J-1ビザに関するお問い合わせ・ご相談、無料査定のご依頼は、お気軽にInfinity WIZまでご連絡ください。