インフィニティウイズ・・・アメリカ研修、インターンシップ、働くを実現するJ-1ビザ

こんにちは、アメリカでの研修、インターンシップのJ-1ビザエージェント安斎です。

アメリカで働く経験、インターンシップがしたいとJ-1ビザを検討している方が、心配される点としてJ-1ビザが取得できるのか?ということが挙げられます。

J-1ビザに関わらずアメリカのビザを取得するためには、日本の米国大使館、領事館でビザ申請面接を受けていただく必要があります。現在ビザ申請面接を行なっているのは、東京赤坂にある米国大使館、札幌、大阪、福岡、沖縄の4都市にある米国領事館になります。
ビザ申請面接はビザ申請手続きの最終ステップであり、ビザ発給許可がおりなければ、ビザを取得することができません。

ビザ申請面接があるということで、アメリカのビザ取得はハードルが高いという印象を受けられると思いますが、確かに他国のビザに比べて取得手続きが大変かもかもしれませんが、決して難しいわけではなく、またビザが取得できないというわけでもありません。
きちんと取得手続きのステップを踏んで、ビザ申請面接の準備をしていただければ、取得することができます。

インターネットで検索するとビザ申請面接でビザ却下にあったという方の体験談などが色々出てきますので、ネガティブな記事を目にすることも多く、ネットの情報に惑わされてしまうことも当然あると思います。
お伝えしておきたいのは、もちろんネガティブな経験をしているからこそ、ネットに投稿するのであって、ビザ取得できた方がネットに投稿することはあまりないので、ネット検索するとビザ却下の記事ばかりが多くなっています。でも、実際はビザ取得できている方のほうが多いわけで、ネットの記事はあくまでも参考程度にしていただいた方が良いと思います。

ネガティブな記事ばかりを見てしまうと、せっかくのアメリカで働く経験や生活経験のチャンスを逃してしまうことにもなってしまうのではないかなと思います。

米国大使館、領事館の領事は、全てのJ-1ビザ申請者に対して、アメリカに永住、働く、または研修、インターンシップとは別の目的があるのではないかという疑いを持っており、そのような疑いがあることを前提にビザ申請面接で質問をされることになります。

J-1ビザ申請者の面接のポイントとして、、、

・笑顔で挨拶、明るいトーンで好印象を与え、良い雰囲気を印象付けること

・日本で職歴があるのになぜアメリカでの研修、インターンシップが必要なのか?

・アメリカでの研修、インターンシップを経験し、将来どのようになりたいのか?

・明確な将来のキャリアプラン

・研修、インターンシップ終了後の日本への帰国意思とその証明になること

以上を踏まえて、領事を説得、納得させられる回答が出来ること、これにつきます!

ただ、実際は、J-1ビザでのインターンシップに参加される方で、自分が将来どうなりたいのか?、どんな仕事をしたいか?、明確な将来のキャリアプランを持っている方のほうが少ないですから、そんなことまで考えていないから、参加できない?と心配されなくても全然、大丈夫です!
ビザ申請の準備段階で、私もお客様と一緒にそのシナリオを組み立てていくようにしています。
でも、J-1ビザ申請にあたって、将来のキャリアプランを考えてみるのも良い機会だと多いますので、J-1ビザのインターンシップを検討している方は、一度考えてみてくださいね。

アメリカでの働く経験、インターンシップにご興味がある方は、お気軽にご相談ください!

Close Menu