インフィニティウイズ・・・アメリカ研修、インターンシップ、働くを実現するJ-1ビザ

実は、1月から3月は、日本人の方がJ-1ビザ申請が年間でも一番多くなる時期なのです。
最近は、現地でJ-1ビザの企業変更を希望されている方のご相談もなかなか多くありまして、、、

J-1ビザ期間中の企業変更のお話しは、すでにJ-1ビザでアメリカにいる方、J-1ビザでのインターンシップを検討している方も気になっている方が多いと思いますので、また別の機会にブログでアップしたいと思いますが、ということで、現在申請者が多いため、少し対応に追われており、ブログの更新を怠ってしまっておりまして、申し訳ありません、、、

1月から3月の時期が、なぜ日本人の方にとって年間で一番申請者が多いのか?、それは何でしょうか?

日本社会では、3月というのは年度末の時期で、節目の月でもあり、色々な意味で区切りの月でもあります。日本の教育機関は、4月から新年度が始まりますし、入社式も4月になりますね。
J-1ビザでのインターンシップ参加者の方は、現在社会人の方がほとんどなので、3月末で現在の会社を退職して4月、5月からアメリカに渡航したい、また法人研修の場合には、年度末の3月以降に社員をアメリカに研修派遣させたいという企業さんも多く、4月、5月にJ-1ビザを取得して渡航しようとすると、J-1ビザ取得手続きを渡航時期の3ヶ月ぐらい前から進めていくことになります、ということで1月から3月はJ-1ビザ申請者が多くなるのです。

J-1ビザの場合、特に申請時期の制限というのはありませんので、年間でいつでもJ-1ビザ申請を行うことが出来ます、が、以前にもブログでご案内をしましたが、最近は国務省が年間のJ-1申請枠をコントロール制しているので、申請枠がなくなり次第、各ビザスポンサー団体はスポンサー申請受付を締め切ってしまいます。
そのため、年間の前半時期(6月、7月頃)までにはJ-1ビザ申請をされることをおすすめしています。

過去のJ-1ビザ申請枠に関するブログはこちら・・・

4月、5月の渡航時期というのは、申請枠のことを考慮しますと、年間でも一番J-1ビザでの渡航するには良い時期ではありますので、J-1ビザでのインターンシップを計画されている方は、参考にされてください。

J-1ビザに関するお問い合わせ、ご質問は・・・CONTACT US

Close Menu