6月22日、トランプ大統領によりJ-1ビザのTrainee、Internカテゴリーを含む就労ビザ保持者の米国入国を12月31日まで禁止する大統領令が発令されました。

現在、世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルス感染に影響により、現在、アメリカ国内の失業率が急増しており、アメリカ人の再雇用を最優先するため、米国の雇用市場にリスクを与える就労ビザ保持者の入国を一時的に禁止する対策になります。この大統領令により、年内いっぱいTrainee、InternのJ-1ビザの発給が中止されることになります。

年内の渡航をご準備されておりましたお客様には、ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございませんが、来年度渡航でのご計画をご検討いただけますと幸いです。

現時点では、J-1ビザプログラムの再開は来年1月を予定しており、弊社でのインターン企業のご紹介は今年の10月ごろから再開を予定しております。
またビザ申請手続き代行サービスに関しては、ご準備が整い次第、随時、申請手続きを進めさせていただきます。

来年度の渡航に向けてのJ-1ビザインターンシップに関するお問い合わせ・ご相談は、引き続きご対応しておりますので、弊社お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

今後、大統領令に関する変更事項が発表になりましたら、こちらのウエブサイトや弊社ブログにてご案内をさせていただきますので、ご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

Infinity Wiz 安斎