インフィニティウイズ・・・アメリカ研修、インターンシップ、働くを実現するJ-1ビザ

= なぜアメリカで働く経験、インターンした方が良いのか?=

アメリカに住んでいると、より日本のことが客観的に見れて、世界の流れや各国と比較して日本の現状がよく分かります。日本人の方がなぜアメリカで働いたり、インターンをするべきなのか?、その理由やメリットをまとめています。

もちろん日本に住んでいる日本人の方も、日本市場の現状やニュースでも取り上げられるし、理解をされているとは思いますが、日本で生活していると日本が安全で、不便なく生活できる場所であるがゆえに、毎日なんとなく過ごしてしまって、あまり危機感も感じないと思うのです。

しかし、日本市場は人口の減少化や高齢化が進む中で、日本の企業は日本だけでビジネスをやっていても生き残ることは出来なくなります。
日本の企業が生き残るためには海外市場に進出していくことが必須、ということは海外でのビジネス経験が企業にも人材にも絶対に必要です。だから、アメリカでのJ-1ビザインターンシップのように何かを利用して、海外でのビジネス経験を積まないといけない時代なのです。

上記のように、日本企業は日本市場だけでは生き残れない現状の中で、海外でのビジネス経験は日本の企業にとって人材を採用する際に非常に優遇されるポイントになります。アメリカで働いた経験、ビジネス経験は、ご自身の人材市場価値を上げる=確実にキャリアアップに繋がるということです。

アメリカでのビジネス経験があるということは、今までと同じように日本で働き続けるよりも、何十倍、何百倍のインパクトがあります。このご時世で、アメリカでのビジネス経験がキャリアダウン、マイナスイメージになることは絶対にありません。たったJ-1ビザの18ヶ月、日本を離れてアメリカに来ることによるキャリア面でのリスクも無く、逆にメリットばかりなのはアメリカでのビジネス経験です。

アメリカでのビジネス経験を積むことで、ご自身の人材市場価値をどんどん上げていきましょう。

今のご時世、日本でなくても世界どこにいてもよいボーダーレスな時代になってきています。仕事をするにしても日本にいる必要もなく、ネットがあれば世界中どこででも仕事ができるような感覚になってきています。

だからアメリカで働く経験を積むとともに、アメリカへ移住、継続的に働き続ける可能性もありですよね。
もちろんアメリカのビザの問題もありますから、そんな簡単に・・・というわけにはいかないのも事実です。
でも、日本という国にあまり固執せずに日本の外を見て、生活してみるのも、これからの人生のよい機会になると思います。

何がきっかけになるかわかりません。
まずは、アメリカに来てみることから始めてみましょう。

 

 

アメリカで働く経験がしたい、住みたいと思った方は、すぐにご相談ください。

15年間、J-1ビザをサポートしてきたアメリカ在住のコンサルタントが、アメリカでのインターン、働く方法について現地情報、アメリカの現状を交えてアドバイスいたします。
Close Menu